発電機の耐用年数と費用対効果

非常用発電機は普段動かしていないため、アワーメーター(稼働時間)はほとんど進んでいません。

そのため、いつが適切な更新のタイミングか分からない所有者様は多く存在します。

製造メーカーの設計思想では

20年から遅くとも25年を目途に更新を推奨しています。

 

物理的には整備を定期的に施し、何も故障が無ければそのまま使えますが

稼働していなくとも、待機している間中は常に発電機に電気は流れており

制御盤や充電器、遮断器などの電装系部品も10年~15年で交換時期を迎えます。

更新の目安は、メーカーが製造から20~25年を超過した発電機の補修部品を製造・在庫しなくなった時期になります。

上記の電装系部品は、製造されなくなりますとメーカーから調達は不可能になります。

 

この解決策として

メーカーに特別生産を依頼するか、基板専門の補修業者に依頼する形となります。

 

デメリットは

どうしても部品交換より費用が高くなり、いずれのケースも時間を要する形となってしまいます。

 

その他、エンジン回りの消耗部品も段々と揃わなくなってきますと

故障する前の予防保全を計画的に行えなくなるため、費用対効果が悪化していきます。

このような状態になるのを事前に予測できるのは

1年に1回の整備計画を入れることで、この発電機はあとどれ位の期間、補修部品が揃えられるか

揃えられるうちに調達し、あと何年の使用期間が望ましいかの出口を見据えながら計画を立てていくことが可能です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。