そもそもなぜ負荷試験をやらなければならないのか

普段使っていない非常用発電機に、そもそもなぜ1年に1回、費用を掛けて負荷試験を行わなければならないのか?

1番の理由は

非常時に動かすその発電機は消防設備を動かす出力を有しているか、所轄消防へ1年に1回証明する法律の義務があるためです。

非常用発電機を設置される建物には、防災負荷(ボウサイフカ)が紐づいています。

防災負荷とは、火災時の消火活動に使う消火栓ポンプ、スプリンクラー、非常灯など

非常時の重要設備の動力源として非常用発電機は存在します。

これが整備をされていなかったり、発電機に不具合があると非常時に防災負荷を動かす出力が得られないため

作動しないと火災や被害が広がる可能性が高いため、消防法で機能点検と報告が義務付けられています。

 

負荷試験には

実負荷試験(実際に防災負荷と発電機を動かして出力を点検)と模擬負荷試験(発電機を動かし負荷試験器を使い出力を点検)の

2種類が存在します。

 

実負荷試験は施設の停電を必要とし、実際にスプリンクラーや消火栓を動かすために準備の手間と費用の

所有者側負担が大きいことが課題です。

 

その点において、まず模擬負荷試験は施設の停電が不要となります。

次に、負荷試験器も技術革新が進み以前よりコンパクトになった分、手間と費用が大幅に削減されました。

 

これにより

発電機の性能証明を従来より簡易に行えるようになりましたため、弊社では負荷試験器を用いた模擬負荷試験を推奨しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。