非常用発電機整備の必要性についてセミナー開催しました

2017/7/31

西日暮里にて非常用電源保守連合会主催のセミナーにて

非常用発電機の整備についての重要性をお話させて頂きました。

非常用発電機は、普段動かしていないから劣化していない

電気事業法にて点検をしているから大丈夫。

 

オイルや冷却水を長期間交換していない発電機は

負荷試験を実施した際の二次的故障発生が伴います。

このような認識の相違をひとつひとつご理解頂きました。

 

 

当日は多くのご参加賜り誠にありがとうございました。